NPO法人 丹波みらい研究会

活動報告

クリスマス・イブ♪ 冬ほたるは最終日となりました。

2013年12月24日(火)

いよいよ最終日となりました。

12月24日(火)丹波は朝から太陽が暖かさを伝えてくれています。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「(カメラ片手に)毎年来てるんや♪」
「あんた私のこと覚えてる?」
「今年はまた増やしたな〜」
お声がけをいただくたびに続けてきた年月の長さを実感する。
9年経つと、いろんなドラマが蘇ってくる。

企画段階の頃、「冬の寒い夜に、そんなお化け屋敷に誰が来るんですかっ!!」と、厳しい意見もいまでは気持ちのこもった励ましの言葉だ。

私たちが10年かけて企画・実践してきた「立ち寄るまちから訪れてもらえる」まちづくり活動は、「かたち」をなしたと言わせて欲しい。

なにもそれは「冬ほたる」というイベントを指すだけではない。
−きっと誰かが何とかしてくれる−
そんな人任せ(主として行政任せ)な考え方から、「今私たちにもできることがあるはず」と民度を最大に発揮させた地域力事業としての「かたち」だ。

あたたかく見守ってそして私たちに見えない力でそっと助けてくださった人たち。それはわざわざ山から竹を切り出し割竹を用意したり、毎年でてくる大量の落ち葉もそっと掃除しておいてくださった集落のおじさんの好意など書き出すときりがない。ふりかえると毎回たくさんの人たちからいただいた大きな力、その感謝の気持がこみ上げてくる。

計画通りに行けば、再来年この町は高速道路が開通し、まさしく「通過のまち」となるだろう。でもほんの少し心の奥底にでもこのまちを感じていてほしい。
「京丹波」が目についたときにちょっと足をのばしてもらいたい。
「冬ほたる」だけではなく他にも何かある、そんな興味を持っていただきたい。

「辺境」と呼ぶにふさわしい丹波の山奥、そこでわずかな力をかき集めて足掻き続けた奴らの話とあわせて。


  • 田中尚樹(京都市・25歳) - 2013/12/24 15:38
    • 管理人さま

      先日冬ほたる2013に行かせて頂きました。
      都会のイルミネーションとは一味違った、静けさの中の光の数々にただただ圧倒されました。

      誠に勝手ながらこの感動の気持ちを俳句にしましたので、
      宜しければご覧ください。


      「冬ほたる きょうのおしりに 光けり」


      「きょうのおしり」ですが、きょうは京都、今日の2つの意味、
      おしりは京都の端、一日の終わり、ホタルのおしりの3つの意味をかけております。

      駄作ではありますが、ご感想をお聞かせ頂ければ幸いです。
  • 管理者M - 2013/12/25 18:56
    • コメントありがとうございます。
       「川柳には知識・センスがとぼしくなんとも分かりませんが・・・」
      冬ほたるが終わった今の心境としては、
      「鬼が出て 賽の河原に 風が吹く」ってな感じでしょうか。。。。

名前
コメントは管理人の認証後に表示されます。