NPO法人 丹波みらい研究会

活動報告

冬ほたる無事終了、ありがとうございました♪

2012年12月25日(火)

今年もようやくこのときを迎えることができた。
お越しいただきましたみなさま、開催にご尽力いただきましたみなさま、本当にありがとうございました。

いろんな思いを書き綴るべきですが、今日は今西実行委員長への手紙としてスタッフのみなさまに大切なことをお伝えできればと思っています。

今西実行委員長、最後まで良く耐えました。

いろんなハプニングをよくのりきりましたね。

雨で漏電してブレーカーが落ちたり、トイレが詰まって使用できなくなったり、スタッフの逃亡でほかのメンバーの不満がのしかかったり、町内で発生した火災でスタッフが3人だけになってしまったり、進入路の工事が計画と違うことになったり、ものすごくトラブルの多い2012冬ほたるでした。

そのうちの半分は「雨のせい」、入場者数がどんどん減り続け本当にストレスとなったことでしょう。それもあなたが真性の「雨男」であることが原因のような気がします。

ブレーカーが落ちて真っ暗な中、発電機を持って駆けつけた私を無視し、分電盤の前でうろたえてエアードラムを叩いていたあなたの姿は、私を思いっきり不安にさせました。

前夜祭でみんながカラオケを楽しんでいるさなか、水道が出なくなり2人で冷たい冷たい思いをして必死で修理しましたね。音痴な歌声にかき消され、バルブの開け閉めの合図もできないのはホントに迷惑でした。

今思ってみるとすべてのドラマはトイレ周辺で起こっていました。トイレの窓越しに横目でにやけたあなたの写真が、すでにこうなることを予兆として伝えていたのかもしれません。

それとあなたがトイレの後ろに隠していた自転車は、私に絶望的な恐怖を与えました。

町内放送の撮影もトイレ前、会長と戯れる姿や林先生と講釈たれている姿は、これから先の長い間このまちの人の脳裏に焼き付いて行くに違いありません。

最終日、放心状態のあなたの広いおでこに「肉」と書きたかった私の願望をギリギリのところでかわした選択はただ一つの正解だったのかもしれませんね。

ミーティングの後、スタッフみんながあなたの短い体躯を抱えて胴上げに参加してくれたこと、みんながよく耐えたと絶賛してくれたことが、そのすべての結果と効果であったと確信しています。

最後にこれだけは絶対に忘れないでください、こんな貴重な経験をさせていただけたのは、すべてあなたの奥様のおかげです。しっかりとこんな不安なあなたのすべてを受け止めてくださった奥様がいてくれたからこそ、最後までやり遂げることができたのです。スタッフ全員からの感謝の気持ちをお伝えください。


  • 京丹波かも王国 - 2012/12/26 12:58
    • 今西委員長様 冬ほたるスタッフの皆さま

      期間中、いや準備を含めてたいへん長い時間おつかれまでした。

      「京丹波鴨ねぎバーガー」の販売に対してたいへん貴重な機会を与えてくださりありがとうございました。

      「たくさんの笑顔とおいしさを京丹波から」皆さまの今後のご活躍を心よりお祈りいたします。

      京丹波かも王国 鴨ねぎクルー一同
  • 堀井 - 2012/12/26 18:00
    • 本当にお疲れ様でした。
      そして、ありがとうございました。
      そして、大爆笑してしまいまいた。

名前
コメントは管理人の認証後に表示されます。