NPO法人 丹波みらい研究会

活動報告

ちょっと一息、近況報告♪

2011年12月11日(日)

前日ギリギリまで準備作業に勤(いそ)しんでいたため、おろそかになっていた近況報告を。
12月8日前日、準備作業を急ぎながら地面に張り付いて、岩にかじりついて大急ぎで準備する中、地元市森区の方達とステージを使って大カラオケ大会も開催。事前告知(新聞記事など)が早すぎたせいか、一組、二組とお客さんもいらっしゃる。しかし場内は小道具が散乱していて、とても入れない。怒り狂って「紛らわしい2度と行きません」とメールで叱られる始末。ちょっと寂しい思いをしながら、それでも淡々と準備を進める。夜中の12時過ぎまで岩にへばり付く。

12月9日オープニング
予定された飾り付けがたくさんありすぎて、朝は9時からわたし独りでコツコツと作業する。11時過ぎになってようやくゾロゾロと人が集まり始める。なんと緊張感の薄い。
16時近くになっても舞台周辺は大工仕事の残骸が散らばっている。「なにさらしとんねん」と怒り狂い、そそくさと片づけが始まる。
知事と和ぃ和ぃミーティングがあるので京都府広報課の方もお見えである。ドタバタしながらも(私の中では整然と進んでいたが)確実に全てのことが進んでいく。
16時を少しまわる頃、保育園・幼稚園からたくさんの子ども達が集まってくる。「わっわっわっ」と焦りながらも、やっと舞台前が片づく。
オープニング、本日のスケジュールをマイクで告知、全員を滝壺周辺へ誘導。タイムキーパー役がいないので全て自分で制御する。しかも進行は私の役割、まずは会長挨拶。子ども向けのシンプルな内容にとどめておけばいいモノをチョット深く入りすぎ「感無量」状態(ここで想定外の時間を食う)。続いてご来賓を代表して寺尾町長にご挨拶を賜る。続いてご来賓の紹介へと行きたかったが、どうみても子ども達は限界である。そこで前代未聞、来賓のご紹介を「割愛」せっかくお越しいただいておきながら、非常に申し訳ないことだ。

無事点灯を終え、続いて和ぃ和ぃの準備。猛ダッシュで舞台まで移動。知事車の到着状況を確認しながら音響などの調整具合を確認する。

発信内容を再び精査して、舞台の登壇者を呼び集める。「マトリクス」の意味を説明しながら、そして誰かが言ってくれると期待しながら、その時を待つ。(結局放置された。)「マトリクスの語源は子宮にあり、何かを生み出すモノを意味することから、地域に何かを生み出すモノの象徴という事を言って欲しかった。」設計者の森脇さんは、夜それを悔やんだらしく眠れない夜を過ごした模様。

園児達は帰り支度、一般の方が入場出来るように駐車場の空きを確保せねばならない。
山田知事到着、場内視察の後和ぃ和ぃミーティングが始まる。山田知事はすばらしい、事前に打ち合わせた「私たちが発信したいこと」が全てメンバーの口からはなせるように絶妙のタイミングでコーディネイトしてくださった。しかも風邪をひかれて体調が悪いにもかかわらずである。

寺尾町長も和ぃ和ぃにご参加いただいた。4日におこなった婚活はどうやら山田知事の一言から始まったらしく、お2人で盛り上がっておられる。「婚活から結婚に結びつくと、冬ほたるは縁結びの縁起のいいイベントになる」と知事  「来年、必ずこの会場で結婚式ができるように公約します」と町長。・・・あの〜ぅ町長、そんな公言して〜、その下請け(孫請け、イヤひ孫請けか)は私のところに来るんですけどーッ!婚活の司会で疲労困憊(ひろうこんぱい)した記憶が甦る。

小雨交じりの中、初日はたんたんと過ぎ860名の方にご来場いただいた。

12月10日土曜日
大混雑の予感である、朝から冬ほたる準備作業のため封印していたゴルフに行く、会長はプロ並みの6バーディで超ご機嫌である。私は超不機嫌。
俺は遅番、と油断していた会長を「何をぬかす」とばかりに早番に引きずり込み12名体制でお出迎え。

16時になると駐車場は徐々に車が増えてくる、16時30分になるともう半分以上、16時40分で満車となった。メンバーの上田君と私のコンビで絶妙の配車、これは誰にも真似出来ないだろう。

と、そこへガードマン到着。
万全の体制だ。5時10分くらいになるとお帰りの方が山から下りてこられる。さてここからが勝負である。空きが出来るとすかさずそこへ誘導「1番のレーンへ」「4番のレーン」へと誘導して、とにかく駐車待ち時間をちょっとでも短縮していく。

が、ガードマンのおっさんがドンクサイ。誘導棒をしっかりと振って行き先を示さなあかんで!!一々しゃべったらアカンがな!!「怒ったらあかんぞ」「怒ったらあかんぞ」と自分に言い聞かせながら怒り狂っていると、メンバーの猪田君が合流。ガードマンを上田君と猪田君で一ずつお守りしてもらう。

流れに乗ってきた。パッパと配車がスムースになってくる頃、渋滞の最後尾が見えてきた。やったらできるやん。前年よりも多い入場車数なのに渋滞は国道までには至らず、待ち時間もおおむね30分程度に収まった。しかし、19時を過ぎる頃再び流れが悪くなってくる。渋滞40分まで伸びる。(食堂で夕食をお召しになる時間帯なのだろう)

10日は2450人の方にご来場賜った。ありがとうございます。

最後に、今日は10数年ぶりの月食10時過ぎになるとどんどん月が欠けていく。冬ほたると月食、なかなか見応えのある風情であった。

本日11日 日曜日。

丹波は曇り、国道に車はそんなに走っていない。さぁーっこれから出動、今日もゲンキにがんばろう。


名前
コメントは管理人の認証後に表示されます。