NPO法人 丹波みらい研究会

活動報告

順調に推移

2011年9月30日(金)

順調に推移している、と思われる。
竹の切り出し、蒲生区の竹林伐採から規格の整ったモノを分けていただきました。
丹波産あずき、まもなく収穫。農家の方にムシロで天日干しの写真をお願いしました。
ポスター遅れてます。
入場チケット遅れてます。
ホームページ、チョットずつ確認しながら作ってます。まだ園部発のバスの時刻などが不明確です。進入路も昨年のモノを参考として乗せています。
紅葉、まだまだです。
ハウス、ハイワーク手配OKです。
新設計の竹製タワーツリー、まもなく設計図できあがります。
LED、高光度の新型(青白)をご用意いただきました。足長タイプで理想の配置になるよう6月頃から業者さんと打合せています。
補助金申請、今月交付決定書がすべて届きました。
知事と「和ぃ和ぃミーティング」本日担当者様と連絡が取れました。
問い合わせ先、京丹波町観光協会にて対応出来るように職員さんと打合せ完了しました。理事会もご承認いただきました。
警備員さん、増員して貰えるように予算を組み直しました。
オカリナ、まだ連絡が取れていません。
ボランティア、募集中です。

気が付いたところを列挙しました。まだまだ忘れているポイントがあるのはずなので、気を抜かないようにしています。


  • 京丹波学舎 - 2011/10/01 08:51
    • 竹は三日市公民館裏のものでしょうか?それだったら、地域のみんなで1日がかりで伐採後、揃えたものです。冬ほたるに使っていただけるなら、苦労も吹き飛び、喜びもひとしおです。塾生を市森に送りに行くたび、娘と 今年も冬ほたるのボランティアにいこうな と話しています!
  • 管理者M - 2011/10/01 17:49
    •  京丹波学舎さん、コメントありがとうございます。
      竹はたぶん公民館裏のモノだと思います、苦労して切っていただいたモノなので大切に使わせてもらいます。孟宗竹は重いので大変だったと思います。ありがとうございました。いただいた竹は、主に「川」と「海」のオブジェで使います。ツリーは真竹でないと、重量がありすぎて竹の自重で強度不足に陥るようです。
      竹をちょんちょんと割って6分の1にして製品化、余った端切れはたき火にしてそこで焼き芋を作り、重度の胸焼けを起こしながらみんなで食べたりします。

名前
コメントは管理人の認証後に表示されます。