NPO法人 丹波みらい研究会

活動報告

取付5日目

2010年11月15日(月)

まずは4日目を報告。
朝、9時集合。高所作業車を借りに行き、当日必要なLEDを倉庫から積み込み、集合時間ぎりぎりに琴滝に到着すると3人しかいない。

アレ?なんで?13日の土曜日は出役が多い予定だったはず・・?
細見実行委員長と大崎副実行委員長と湊顧問の3人である、あっ湊監事到着。
合計4人である。

つべこべ言ってもいても始まらない、とにかく作業開始っ!!一刻を争う事態だ。湊監事朝の顔見せだけで用事をすませに、出かける。大崎氏村用のため出かける。残ったのは3人・・・。

細見実行委員長の機嫌がだんだんと悪くなってくる。まずいゾっ!!
私は、高所作業車で木の上、湊顧問は入り口のところで竹割、細見実行委員長は川の竹組をしている。実行委員長は私の真下で作業、手に取る用に行動パターンが判る。

なにやら「ぶつぶつ」言っている。耳を澄ませると・・・、拙い、怒っているのだ。気を紛らわせるために話しかける。怒っている内容に対して相づちを打つ、すると火に油を注ぐ形となる。

結果、3本ほど竹組すると、携帯電話でメンバーの所に電話をし始める。「お前、なんで来ーへんにゃ」「うわっ、かなんっ!」どんどんヒートアップっ!!

3〜4人ほどには電話されただろう・・・、そのうち昼となる。
私は木の上、すでに湊顧問は結婚式に出かけている、会長も応援に来ている。
細見実行委員長も午後からは予定があるようで、1日通して出役するのはどうやら私だけのようだ。さらに昼飯を食べに行く時間も無いし車もない、仕方がないので、そのまま取付を続ける。

ポツンと琴滝に独りになる。

「ギャーギャー」鳥が鳴いている、「ぴょーぴょー」鹿が鳴いている。
うわっ!だんだん怖くなってきたゾ

そして、ようやく3本目のモミジが完成の段階に入ったとき、サポーターのホリエくんが来てくれる、そして今西君も到着。「ほっ」とする♪

と、そこへ林監事から電話。「弁当買ってきてやるわ、何が食べたい?」何と優しい人だ。(あっ!弁当代払ってない、ヤバイ、これは忘れるぞ)

午後からは4人のスタート。林監事竹を割っている、今西君、ホリエ君は海のLED取付、私はまだ3本目のモミジ。

3時頃用事が終わった、大崎さんと湊監事、そして湊浩義が合流。計7名となる。ようやく私は4本目のモミジ。中々はかどらない。

4時半過ぎ暗くなってくる。本日の作業は終了だ。

14日目の日曜日、私は所用のため休み。さてどこまで進んだか?私は遅れた分を取り戻すため、又どこか平日に時間を作って出役しなければならないだろう。


名前
コメントは管理人の認証後に表示されます。