NPO法人 丹波みらい研究会

活動報告

←前 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |

新しいリーフレットを作成しました。

2013年9月28日(土)

いつもこの時期なると、ポスターを作らねばならない。
意匠などを工夫して、相当な時間(約2ヶ月)をかけて練り直していくのだが、今年はもう一つ宿題が出た。「A4ちらしではインパクトが薄いので織り込みを入れたモノにしてください」

「えらい簡単に言ったな〜〜」と、そのとき思った。
まあそれでも、メンバーの気持ちの部分で「やる気」とか「意識高揚」のためを考えてほぼ意地になって「作り上げたっ!!」

できたっ!!
時間は作るものだっ!!仕事の合間をぬって・・どころではないっ!!
社員が唐突にやめるなどと言い出したから、その穴埋めもしなければならない。
仕事のおつきあいで、ゴルフや食事会などにも頻繁に行かねばならない。
そして競技ゴルフもシーズンに入って複数の試合や予選がある。
が、その時間を切りつめて切りつめてなんとか作り上げた。
去年よりも時間づくりが上手くなってきた、同じ時間を生きている周りの人より5倍は活用できている。

内容は変わらないが、見せ方をずいぶんと工夫した。印刷ができれば各所に配布します。よくよく見てみてくださいね。

[ コメント(0) ]

花火は無事終了

2013年8月9日(金)

花火大会無事終了しました。
プチアートも好評で、国道淵に並べられた作品を花火と共に多くの皆様に鑑賞してもらえました。

[ コメント(0) ]

花火大会が近づいてきた。

2013年7月13日(土)

この地域の花火、一時は協賛金が激減して実施が危ぶまれるまでになっていたが、ここ数年は事業所さんそしてまちの人からの協力の下、勢いを取り戻してきた。

実施に向けて精一杯だった頃から比べると少しゆとりが持てる様になってきた。
そこで、冷静になって京丹波の花火の魅力を考えてみた。

国道からすぐのところであがるので、長い距離を歩くことが無い。

通常よりも低い位置で花火が開くので、迫力がある。

夜店が旧商店の軒先に出るので、情緒がある。

ほとんど知られていないので、人混みにもまれない。

浴衣での来場を促しているので、半数が浴衣。

いわゆるDQNが少ない。(私が怒るから・・)

と、思いつくことを書き並べてみた。どうだろう、魅力は感じてもらえるだろうか?

[ コメント(0) ]

トイレについて・・

2013年6月6日(木)

冬ほたるのトイレ、汚いし混むし・・・今時、水洗じゃないトイレなんて、とそんな声を聞き続けて数年。いよいよこのトイレが詰まった。もうどうしようもない故障だ。

役所の方に相談する、なかなかこの町役場はお金を出したがらない。
しかし、まさかっ!?と思うことにはばしばし拠出する。(ちょっとイヤミ・・)

水洗にするには、浄化槽を設置しなければならない。
これがなかなか費用がかかる。4〜6百万円はかかるだろう。このお金が無いのだ。もちろんみらい研究会に有るはずもなく・・。悩み続けた数年間であった。

ところが、ここに来て「う〜ん」とまで一応考えてもらえるところまで来た。
前は「それは無理です」ときっぱりだったのだ。

琴滝は一年間の来場見込みを遙かに超える皆さんに「冬ほたる」でお越しいただいている。そのなかでトイレの問題がもっとも急がれる対策だったのだ。ようやくだ、開催9年目にして「水洗便所」という札に手が届きそうなのだ。

といっても確定ではない、見込みができた程度の感覚である。

今年度の開催に向けて、組織を大きくリニューアル、内容もよいところは残し、不備なところは大きく回収させる見込みである。そのための組織強化はばっちり、新型LEDもしあがりつつある。またまた楽しみな時期の到来だ。

今年は12月13日から24日までの12日間で開催日が決まった。
取り付けは11月16日から短期集中で施工する。施工方法にも一工夫、できるだけ速やかに設置、そして撤去できることも内容を充実させる準備の一つだ。

[ コメント(0) ]

新年あけましておめでとうございます。

2013年1月2日(水)

みなさまお健やかに新年をお迎えになられたことと心よりお喜び申し上げます。
旧年中は丹波みらい研究会の活動にご協力賜りましたこと誠にありがたく厚く御礼申し上げます。

これまで積み重ねてきましたまちづくり活動をもとに昨年は「食の祭典」に取り組むことができました。発案から3年もの間、長きにわたり実施母体、予算などを含めどのように執り行うべきか、思案に思案を重ねたあげくの事業でした。

次の一手も含めのりにのったこの新年、勢いを付けてますます盛大に取り組んでいきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

[ コメント(1) ]

冬ほたる無事終了、ありがとうございました♪

2012年12月25日(火)

今年もようやくこのときを迎えることができた。
お越しいただきましたみなさま、開催にご尽力いただきましたみなさま、本当にありがとうございました。

いろんな思いを書き綴るべきですが、今日は今西実行委員長への手紙としてスタッフのみなさまに大切なことをお伝えできればと思っています。

今西実行委員長、最後まで良く耐えました。

いろんなハプニングをよくのりきりましたね。

雨で漏電してブレーカーが落ちたり、トイレが詰まって使用できなくなったり、スタッフの逃亡でほかのメンバーの不満がのしかかったり、町内で発生した火災でスタッフが3人だけになってしまったり、進入路の工事が計画と違うことになったり、ものすごくトラブルの多い2012冬ほたるでした。

そのうちの半分は「雨のせい」、入場者数がどんどん減り続け本当にストレスとなったことでしょう。それもあなたが真性の「雨男」であることが原因のような気がします。

ブレーカーが落ちて真っ暗な中、発電機を持って駆けつけた私を無視し、分電盤の前でうろたえてエアードラムを叩いていたあなたの姿は、私を思いっきり不安にさせました。

前夜祭でみんながカラオケを楽しんでいるさなか、水道が出なくなり2人で冷たい冷たい思いをして必死で修理しましたね。音痴な歌声にかき消され、バルブの開け閉めの合図もできないのはホントに迷惑でした。

今思ってみるとすべてのドラマはトイレ周辺で起こっていました。トイレの窓越しに横目でにやけたあなたの写真が、すでにこうなることを予兆として伝えていたのかもしれません。

それとあなたがトイレの後ろに隠していた自転車は、私に絶望的な恐怖を与えました。

町内放送の撮影もトイレ前、会長と戯れる姿や林先生と講釈たれている姿は、これから先の長い間このまちの人の脳裏に焼き付いて行くに違いありません。

最終日、放心状態のあなたの広いおでこに「肉」と書きたかった私の願望をギリギリのところでかわした選択はただ一つの正解だったのかもしれませんね。

ミーティングの後、スタッフみんながあなたの短い体躯を抱えて胴上げに参加してくれたこと、みんながよく耐えたと絶賛してくれたことが、そのすべての結果と効果であったと確信しています。

最後にこれだけは絶対に忘れないでください、こんな貴重な経験をさせていただけたのは、すべてあなたの奥様のおかげです。しっかりとこんな不安なあなたのすべてを受け止めてくださった奥様がいてくれたからこそ、最後までやり遂げることができたのです。スタッフ全員からの感謝の気持ちをお伝えください。

[ コメント(2) ]

土曜日、日曜日

2012年12月24日(月)

土曜日は、渋滞せず最初から最後まで駐車場が満杯の状態。待ち時間なしの状態だった。

ところが日曜日は、大渋滞。
最後尾は、国道から27号分岐あたりまで伸び、記録的入場者数となった。

渋滞緩和を期待して期間を延長したものの、イルミネーションへの期待はクリスマスにむけてという根本のところが強く、何の効果もなかった。

そして金土日に必ず降った雨のせいで、来場分散は期待した効果が発揮できず、イブに向けておもいっきり集中した。

ご当地グルメ、夏から観光協会として仕掛けた「鴨ねぎバーガー」も、期待以上の販売数で一日200〜400を超える量をご購入頂けた。最大450個

ところがである。
絶対的入場者数が減った、ショックだ。原因は降り続いた雨のせいだろうたぶん。
「たぶん」である。

この「たぶん」を分析して、確実な理由として位置づけねばならない。
もしもイルミネーションの人気低下が原因であれば、今後の方針を立てる上で非常に重要なことになる。

追記:冬型の気圧配置のようですが、丹波は積雪なし♪ 車はすいすいのびゅんびゅんです☆

[ コメント(0) ]

あと4日となった金曜日

2012年12月22日(土)

この日は、最初から人手不足だった。
前日幾重にも保険をかけて人の配置には万全を期したはずが・・・
町内で火災発生、多くのメンバーが消防団として出動、非常事態に陥った。

会場は食堂の姉さんと私だけ・・・
鴨ねぎ君たちの5名、今川焼きの4名がいるだけである。駐車場は今日休みの予定だった大崎さんが一人でいてくれる。マズイっ!!

食堂の仕込みをそこそこに終えて、入り口でチケット販売しながら、点灯式の段取りを考える。
どう考えても一人足りない。こうなったら「分身の術」だ。

チケット売り場に、今川焼きを手伝ってもらっている大崎さんの奥さんをお願いして・・・、そして食堂と諸事人員コントロールは姉さんに任せきりにして・・・、私は猛ダッシュで滝壺へ。

「あびゅー、あびゅー」と呼吸が整わない。
それでも、点灯式だけは・・・、「3・2・1・・」とうまくいった♪
よしよし、と思いながら再び走ってチケット売り場に。

そこで、思い出す・・・、滝壺アナウンスのスイッチを入れていない。
もう一度滝壺へ。呼吸は限界点「あぎゅー、あぎゅー」に変わる。もうあかん。

と、そこに小林さん登場。「わし、駐車場にいたけど・・・」
と喫茶が営業可能になる。ということは、駐車場は大崎さんだけだ。今日は忘年会で休みのはず・・。
後で聞くと、どうやら断られたらしい。いや申し訳ない・・。

続々とお客さんが来られる。チケット売り場でどんどん仕事をこなしていると・・。
ぽつり、ぽつりと〜降り出した〜♪ 雨にぃ〜♪ と吉幾三の歌ではないが、雨が降り出す。

ホントは雨なんか降ってほしくないのに、なんだかほっとする。
あのまま走ると、大パニックは必定だった。

とにかく、せつかく来てくださったお客さんにつまらないおもいだけはしてほしくない。
なんとか、事なきをえて・・・

あーっ!! 車が溝に落ちる事件も発生していたのだった。
食堂から走って現地到着、ずぼっと右側二輪が溝に落ちている。今年2件目の脱輪。
「食堂のおっさん」の奥様のインプレッサ4駆で引き上げる。なんとか無事脱出・・・も、今度はバッテリーが上がっていた。ずーっと下の方まで牽引してブースターゲーブルをつなぎ、無事お帰りいただいた。

[ コメント(0) ]

結婚セレモニー

2012年12月20日(木)

ブーケとすを見事手に入れた女の子

[ コメント(0) ]

今日はイベント日

2012年12月19日(水)

いよいよ終盤となった「冬ほたる2012」
今日は、イベント開催日だ。

オカリナ・ミュージックベルそして、「冬ほたる」で知り合ったカップルの結婚披露セレモニーがある。

おおよそ6時から順次始まっていく予定だ。
結婚披露セレモニーは、7時半頃の予定。

天候がいまいちよくない今年の「冬ほたる」。
丹波は今日もうっすら雪化粧、日曜日もやや崩れるもよう。

それでも元気いっぱい、みらい研究会は「光り輝く丹波」の力で、がんばってますっ!!

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

[ コメント(0) ]

←前 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |