NPO法人 丹波みらい研究会

活動報告

←前 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 |

クリスマスライブの時間が決まりました。

2010年12月20日(月)

12月22日・23日
第1部
18:30〜
ともえだ良平(オカリナ)
18:45〜
ベルカノン(ハンドベル)

10分休憩

19:10〜
一亀一遊(パフォーマンス)
19:30〜
和知太鼓保存会
瑞穂鼓太鼓 (和太鼓)

第2部
20:20〜
和知太鼓保存会
瑞穂鼓太鼓 (和太鼓)
20:35〜
一亀一遊(パフォーマンス)

休憩5分

21:00〜
ともえだ良平(オカリナ)
21:15〜
ベルカノン(ハンドベル)

特別ライブ
第1部と第2部の間に
滝横特設ステージにて
19:55〜
ともえだ良平(オカリナ)

[ コメント(0) ]

お手上げ状態。

2010年12月20日(月)

土曜日、日曜日は連日大にぎわいとなった。
18日土曜日、今日は渋滞する、なので試験点灯をすませ、一番上の滝から歩いて、国道の入り口まで移動。10分で到着・・♪ いつもご来場者に歩いてもらっているのに、私が歩かないのは悪いと思っての行動だが、なかなかしんどいモノだ。

国道の入り口で打合せをしていると、新聞社さんから電話が入る。取材で琴滝に到着しました。「くわーっ!」再び歩いて上まであがる。そんなときに限って、「発熱する下着」を着ていたりする。滝に着くと全身汗だく、額からはたらたらと汗が流れている。

そして再び国道入り口までもどり、その日1日で2往復、しかも長靴でだ。翌日の日曜日なんだか足が痛い、今日は更にいたい、筋肉痛であることは間違いない。スニーカーか、せめて安全靴であればここまで痛くはならなかったのだろうが、長靴がここまで疲れるとは、予想外である。

さて国道入り口で満杯となった車をさばいていると、事情を知らない人から「順番を抜かした」とか「人をもっと配置しろ」とかさんざん怒鳴られ、その相手をしているうち、渋滞はどんどん伸び、国道に20台、30台と車が伸び出す。

縦貫を降りてから右折で入ってこられる車と、国道から並んで左折で入る車が、「順番」という課題にぶち当たるのである。そんな順番のことを考えているゆとりもない。申し訳ないことだ。

さて昨日は一昨日を更に上回る混雑となった。駐車場は空きができても30秒以内で次の車が入るほどの効率で大回転、予備の駐車場はさすがに即満車と言うわけにはいかないが、もたつきながらも、どんどん入ってもらう。

9時半、駐車場待ちの車が無くなる。

2日とも、ぜんざい売り切れ、今川焼き売り切れ、焼き芋売り切れとなってしまい、終盤は主幹食材のニシンそばのみの販売となる。ぜんざいは小豆(あずき)の仕込みと入荷数に限りがある、7月の種植時での農家との契約数から調整しなければならない、去年の数字を参考にした今年はよほど売れているのか、あっという間である。

昨日入場出来なかった車は500台を下回らないだろう、申し訳ない話である。せっかく遠方からきてもらって、渋滞で入れないのだ。
ただ今日からは、穏やかに1日を過ごしてもらえるだろう。

[ コメント(0) ]

寒いぞ♪

2010年12月18日(土)

昨夜はマイナス1℃、その前がマイナス2℃。
それでも昨日の方が寒く感じた。

又この寒さが、「冬ほたる」特有の世界をより際だったものにする。

「朝のMBSラジオを聞いて来たよ」
「昨日のテレビ(NHK)みたで」
そんな声を聞きながら、せっせとチケット販売所で働く。

ほとんどの方が、おおよそ丹波町などで足をとどめた事のない方ばかりなのか、この田舎の何もなさと寒さに驚かれている。

さあ、昨日で折り返し地点を越えた。(15日間のうち8日を越えた)
そして今日は土曜日、あと一踏ん張りだ。明日の日曜日で大方のメンバーは休息をとることができるはず。なんとかみんなの体力と精神力が継続しますように・・・。

[ コメント(2) ]

生放送はとても難しい。

2010年12月17日(金)

昨日はNHKに生放送できてもらった。
早い時間から中継車で来られて、何度もリハーサル。

撮影は冬ほたるの上部100mを歩きながらの中継となった。
キャスターの千賀さんが、テレビでみるよりはるかに美人であった。
「サインして下さい」というと「署名になります」とまたウマイ返しに大満足の1日となった。

その時間にご来場くださいました皆さんと、生中継を楽しんだとても充実した夜を過ごせました♪

[ コメント(0) ]

連日の大にぎわい♪

2010年12月16日(木)

おかげさまで、連日大にぎわいだ。
駐車場は渋滞することもなく、80%〜100%の満車率で回転している。
夜8時半を過ぎるとだんだんと空いてきて、穏やかさを取り戻す。

昨日は毎日新聞さんが写真を撮りに来られた。直接「冬ほたる」を取材するモノでは無いのだが、何かの記事に挿入して下さるらしく、相当な時間に渡っての写真撮影であった。

今日はNHKの生放送だ。「生」はやり直しが利かないので気を使う。
夜6時10分から放送されるので、見ていて下さいね。

[ コメント(0) ]

要らん雨が降る日だった。

2010年12月15日(水)

昨日は、曇り。4時前にはすでに駐車場に20台の車が。
みなさん渋滞を警戒されてか、早い時間からお越しいただいている。
5時台6時台は5分で50人分のチケット綴りが新しくなるペースでご入場いただいた。それでも駐車場の回転がよいので、渋滞にはならない。

6時頃、事前に話を伺っていた新婚さんがメモリアル写真撮影にこられた。結婚式で使う写真撮影である。

本人さんの承諾を得て一枚パチリ、そして「ホームページに載せてもいいか?」と確認をとって、ここにご紹介する。

[ コメント(2) ]

13日は雨

2010年12月14日(火)

13日月曜日、雨が一日中降っていた。
気温は10℃、さほど寒くはない夜だった。人出は少なく283人。
しかし、雨の日は雨の日の美しさがある。空気がすうっと透明な感じで、LEDの耀きが格段に美しい。さらには水滴がLEDに滴りキラキラするのである。それを知っている人は、雨の日を選んで来られる。また雪の日は格別だ、今まで数回経験したが、雪のイルミは最高である。

昨日は事件が起こった、漏電のためブレーカーが落ちるというトラブルがあったのだ。
16時、降りすぎた雨が心配なため少し早い目に琴滝に行ってみると、すでに食堂担当人は来ている。そしてどこから持ち込まれたモノか広場に生ゴミが散乱していた。

まずはゴミを片づけて、心配な漏電をチェックするために試験点灯してみると・・・
スイッチを上げているにもかかわらず、電源が入らない。電気の線をすべてたどってブレーカーを探す。どこに行っても「ない」うろうろ徘徊すること10分、トンネルの後ろにそれらしきモノを見つける。

やはり落ちている。ひとまず安堵してスイッチを入れ直すと・・・「バンッ」と落ちる。やっぱり漏電している。とても焦る。

何度もやり直すが、何ともならない。原因を究明しなければならない。系統別に分析するため、まずはイルミの海の左側を遮断して再トライっ!!落ちない。やったっ!!一発で開明出来た♪

そしてさらにこまかく見ていくと・・・
2007年モデルのイルミの接続部分が水に弱いらしく、それをはずすと落ちない事が判った。左側の半分位が消えたまま・・・、困った、即座に対応を協議する。

「一本ずつはずして点検をするべきだ」と主張すると、コンセントに差した瞬間また落ちると指摘され、それなら発電機でやってみようと言うと、発電機は漏電関知しないので、治ったかどうかの確認ができない。とこうなった。

それならね発電機を直結すれば、応急の処置にはなるはず、と急遽配線の系統を変えて、2007年モデルのみ発電機から送電する。すべて点灯。よかった。

このバタバタのせいで、パンツまでびしょぬれになる。

[ コメント(0) ]

テレビ放送の予定

2010年12月13日(月)

今後のテレビ放送の予定

12月13日 11時30分よりNHK
12月16日 18時10よりNHKにて生放送
日程未定ですが、毎日放送「ちちんぷいぷい」

ラジオ番組 アルファモーニングキョウト DJ:佐藤弘樹 12/15(水)8:35頃
KBS京都 朝7:15より7:30 12月17日

となっています。

[ コメント(0) ]

去年よりクオリティーが高いっ!

2010年12月11日(土)

12月10日無事点灯式を終えた。
たくさんのご来賓の方々に見守られる中、17時35分に点灯した。
今年の点灯は、趣向を変えて遊歩道に沿って、トンネル→海→川と→滝と段階的に点灯した。

読売テレビさんの生中継が入っていたため、時間的に若干のプレッシャーを感じながらの点灯式であった。
一発目、イルミのトンネル点灯では「やってしまいました、稲葉君?」ためらい点灯、バンとスイッチを入れるべき所を一気に操作出来ず・・ダブルクラッチっ!!

若干のトラブルはあったモノのおおむね成功の点灯式であった。

例年なら渋滞の列がさばききれず、パニック状態での1日となるのだが、今年はスローなスタートとなり、穏やかな1日を過ごせた。

ご来場の方に話を聞く余裕もあって、いろんな話をする中で「今年はクオリティーが高いですね」の一言。これには背筋が伸びる思いがした。毎年来て頂いていて、そして厳しい目で装飾の内容を見ていて下さる人がいるのだ。

メンバーの中にも色目の変更に気付いている人は少ない。樹木につけているイルミと滝のイルミをすべて新調したことに気付かれ、それを差してクオリティと表現されたのだろう。凄い人がいるモノだと感心した。

さあ今日からいよいよ本番怒濤の2週間の始まりである。

[ コメント(0) ]

できた♪できてきた☆

2010年12月7日(火)

ついに完成の域に達した。
「10万個増やすと、10万個分の仕事が増える」の法則が体に染みて理解できた。

ホームページの更新もほったらかしにして、ずっぽり琴滝にはまりこんだこの一週間、手間をかけた分だけ今年のイルミはひときわ綺麗だ。
新型のLEDも期待通りの耀きを放ち始めた。

[ コメント(0) ]

←前 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 |