NPO法人 丹波みらい研究会

活動報告

←前 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 |

まずは竹きりから

2011年10月24日(月)

22日・23日から竹きりが始まった。
60本、70本と切り出してくる。かなりの重労働。

さらにこれを1/6〜1/8に縦割りして、加工する。
それを15本ごとに束にして、運搬。

一本の竹から4Mを2〜3本取るのだが、枝のある節の部分は上手く割れない。またよっぽど長い竹でないと、3本取ることは無理だ。短い竹なら1本しかとれない。

さらに縦割りするのもなかなか難しい。クセの強い筋目の竹は割り込んだ先が細くなって使い物にならないので廃棄する。うまく割れた竹は最後に節を取る。

そんなことで、膨大な廃材が出る。笹の部分など使えないものは竹藪にまとめて廃棄。製材中に出た廃材は焼き芋の熱源として保管する。

やっぱり孟宗竹は加工が難しい。真竹は肉厚が薄いし更に節目が長いのでスパッと割れるし、何より軽いので楽だ。

私はこの重労働でふらふらになる。猛烈なスピードでぐわっと仕事したのだが、こういう仕事は急きも慌てもせず自分のペースで淡々とこなしていくのが最も効率がよい事に改めて気付いた。

日曜日の夕刻、昼間サボった分を取り戻すため、琴滝入り口で独り淡々と仕事する。30本位あった竹を八つに割り、製材する。誰もいない薄暗いところで淡々と仕事する。たま〜に滝を見に一組、二組と人が来られる。「こんにちは〜」この一言で、人であったことを思い出す。あ〜寂しい日曜日の夕刻であった。

[ コメント(0) ]

順調に推移

2011年9月30日(金)

順調に推移している、と思われる。
竹の切り出し、蒲生区の竹林伐採から規格の整ったモノを分けていただきました。
丹波産あずき、まもなく収穫。農家の方にムシロで天日干しの写真をお願いしました。
ポスター遅れてます。
入場チケット遅れてます。
ホームページ、チョットずつ確認しながら作ってます。まだ園部発のバスの時刻などが不明確です。進入路も昨年のモノを参考として乗せています。
紅葉、まだまだです。
ハウス、ハイワーク手配OKです。
新設計の竹製タワーツリー、まもなく設計図できあがります。
LED、高光度の新型(青白)をご用意いただきました。足長タイプで理想の配置になるよう6月頃から業者さんと打合せています。
補助金申請、今月交付決定書がすべて届きました。
知事と「和ぃ和ぃミーティング」本日担当者様と連絡が取れました。
問い合わせ先、京丹波町観光協会にて対応出来るように職員さんと打合せ完了しました。理事会もご承認いただきました。
警備員さん、増員して貰えるように予算を組み直しました。
オカリナ、まだ連絡が取れていません。
ボランティア、募集中です。

気が付いたところを列挙しました。まだまだ忘れているポイントがあるのはずなので、気を抜かないようにしています。

[ コメント(2) ]

開催期間で煮詰まる

2011年9月9日(金)

9月5日に研究会を開催した。
もっとも時間がかかったのが、開催期間で12月9日(金)から開催するのはOKだったのだが、最終が24日にするべきか25日にするべきかで時間がかかった。

24日は土曜日、せっかくなので次の日曜日も点灯すればどうかで会議時間がかかる事となった。

最終的には24日(土)までとなった。やっぱりイルミネーションはイブまでである。

そして今年は警備の人を大幅増員し、導入路はほぼ警備の方にお願いすることにした。特異なルートによる混乱を避けるためメンバーに依存することが多かったのだが、ルートもようやく定着し、安全のためプロにおまかせする。

その分冬ほたる場内の設営側に重点をおくべきである、と考えている。

[ コメント(0) ]

9月になりました。

2011年9月1日(木)

いよいよ冬ほたるに向けて本格的に動き出す時期です。
昨年から着々と進めてきました、LED追加の10万球、昨年お世話になった業者さんと仕様を検討して、色目そして形状に工夫を重ね非常にすばらしいモノがご用意して貰える見込みとなっています。
また、川に施すイルミの土台となる「竹」これもしなやかに曲がる真竹を、近所の竹林保有者の方に分けて貰える段取りも完了。
すべてが順調に推移しています。
あとは、次回の研究会でメンバーが心を一つにして、「2011冬ほたる」に向けて活動を始めるばかりとなりました。

おおよその見込み
開催日時  平成23年12月9日(金)〜25日(日)
点灯式   12月9日(金)17:30予定
イルミ個数 65万球(実数66万球)
入場料   500円/人(小学生以下無料)
開催予算  1350万円

[ コメント(3) ]

本日総会です。

2011年5月26日(木)

場所 丹波マーケスコミュニティーホール
時間 19:00集合
服装 フォーマル

[ コメント(0) ]

ようやく終了

2011年1月29日(土)

雪の合間をぬって、やっとLEDの取り外しが終わった。これで冬ほたるも無事終了♪ほっと一安心である。

4〜5人で6日間かかった。と言うことはメンバー全員でやれば、2日かからずに終わる作業である。それぞれ事情があるのは判るが、すべてを実行委員長任せというのが、私には解せない。

・・・が、そのうち判るはずだ、気長に待とう。(ごめん実行委員長、私の文章力では、伝えきる自信がない)

さて、次なる課題は、そう、決算である。
事業が終了した、というのは支払いの発生する業務が終了した、ということ。高所作業車のレンタル代が、今日の作業で最後になったので、これで支払いがすべて完了する状態になったのだ。

さて、いくらかかったか?ドキドキする瞬間である。黒字か赤字か?みらい研究会は母体がないので、赤字を出せばそのままメンバーの負担となる。

去年の4月、私がこれまでの経験から概算でたてた予算が1200万、途中9月で修正した予算が1350万、収入の予算は何とかクリアできたが、支出がオーバーしていれば赤字である。

ハウスのレンタル代が・・・

高所作業車のレンタル代が・・・

あ〜心配である。お金・・・足りるかな?

会計さんが、順次支払いを済ませながら請求書と領収書を整理中である、すでに150枚と聞いている。
これを仕分けして決算書に仕立て上げなければならない。

[ コメント(0) ]

雪ーっ!!

2011年1月24日(月)

未だに雪解けず、せっかく調子よくあとかたづけが進んでいたのに、雪のセイでまだ終わらず。遊歩道に積もった雪のため、高所作業車が入れないのだ。

できない理由を並べて、何もしないというのは一番ダメなこと。
100あるできない理由から、たった一つのできる理由を見つけ出し、実行するのがみらい研究会だ。

機械を使わなくてもできる所はやるべきだ。と言うことで土曜日にハウス内のすべてのイルミを整理して倉庫に搬送し、ゴミを片づけ、舞台の単管を片づけて撤収。そして日曜日は、15本のモミジに残ったイルミネーションを木に登りながらはずしていく。

比較的低い木なのではずしやすいはずだ。「はず」である、が、やはりはずれないっ!!「がーっ!」木に登ったり、山に登ったりしながら、引っ張り引っ張りはずしていく。

残ったのは高い木、これは私が付けたのではずしやすいのだか、上の枝をはずすと下の枝に引っかかり、もつれてとんでもないことになる。あとが大変なのでさわらないようにする。

あと4本、3万球から4万球ほどだろう。

[ コメント(0) ]

あとかたづけ

2011年1月9日(日)

冬ほたる、とってもつらいあとかたづけが始まった。
準備段階の取付は作り上げる喜びがあるので、そうは感じないのだが、はずすとか片づけるのは徒労感も手伝って、とてもツライ。追い打ちをかけるように「寒い、冷たい、そして残雪」

くーったまらんっ!!足が滑って小川にはまると、精神力もクソも吹っ飛んでしまう。

1月8日土曜日、そんなツライ作業に光華女子大の皆さんがお手伝いに来てくれた。とても困っている私たちにとってはまさに天使たちだ。ありがとう、ありがとう、ありがとう。

イルミの海、右側をすべて撤去。川はメンバーでほぼ撤去。あとは左側の海と「木」、そしてツリーだ。トンネル、滝は年内に撤去済み。あと2〜3日で完了するだろう。

[ コメント(0) ]

新年明けましておめでとうございます。

2011年1月1日(土)

2011年の新春を迎え、皆様方におかれましてはお健やかにお過ごしのことと存じます。
昨年末に執り行いました「冬ほたる」にはたくさんのみなさまにご来場賜り、盛大に開催することができました。
本年も丹波みらい研究会は、町の発展を願い益々邁進してゆく所存でございます。どうぞ変わらぬご支援、ご鞭撻のほどお願いいたします。

NPO法人丹波みらい研究会 会員一同

[ コメント(2) ]

いよいよ最終日

2010年12月24日(金)

15日間にわたって開催した「冬ほたる2010」。
いよいよ今日が最終日となった。
これまでで最高のできばえだった「2010型」も、今日が最後の見納め。
写真で記録するのも大切だか、やはりイルミネーションは肉眼で見で感じるモノの方がはるかに大きい。ここ6年間やってきて、昔を振り返ったときにつくづく思うことだ。

年度ごとに携わる人が替わり、またご来場される方も変わっていく。
そしてこの15日間の一瞬の出来事を経験するたび、一つ年をとっていく、メンバー。

昨日はそんな年を重ねていくことを象徴する出来事があった。
そう、お誕生日である。湊監事は毎年開催期間中がお誕生日とかさなり、そのたびにろうそくの数が増えていく。「開催当初は46やったのに」と一言ポツリ。
そういえば私も当時は30代、少々無理をしても誰にも負けない体力があった。

ところが、年々開催期間がチョットずつ伸びてくるのも手伝って、最終日が近づくにしたがって意識がもうろうとしてくるようになった。ある時はチケット販売所で何人入ったのか判らなくなり、又あるときは駐車場でダッシュが遅れて誘導するべき車を見失ったり、又あるときはさっき聞いた駐車レーンの番号を忘れたり・・。

それも今日で終わる、なんだか寂しいような・・・。

明日からは早速撤去が始まる。取付より撤去の方が簡単なのだが、徒労感は撤去時の方が大きい。くたびれもあるが、やはり作り上げる喜びのほうが、片づけるむなしさよりは気分がちがってくるのだろう。

いよいよ今日が最後、ご来場された方と共にこの1日を楽しみたい。

[ コメント(4) ]

←前 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 |